井筒金具(いづつかなぐ)

 

 


トップページ
播州祭り屋台・錺金具
 
擬宝珠
 
屋台紋
 
総才端
 
昇金具
 
梵天
 
締隠し
 
水切金具
 
垂木金具
 
井筒金具
 
高欄金具
 錺金具の文様
播州祭り屋台・彫刻
 
露盤
 
正角
 
狭間
 
腰組
 
脇棒受け
 雲板
播州祭り屋台・衣装
 
水引幕
 
高欄掛
 
乗り子衣装
 
伊達綱
 
隅絞り
 
昼提灯
 
布団屋台の屋根装飾
 

 

 

 

 井筒金具とは井筒に取り付ける錺金具の総称で、井筒金具には井筒端、幕掛け、井筒通し、平桁(台輪)がある。井筒の先端部に取り付ける井筒端の金具には正面、側面、下面に座彫りが施され、ここに神紋や神獣、花鳥、人物などの置物金具を取り付ける。柱の間を跨ぐ通し部分には幕を掛けるための幕掛け金具を取り付け、この部分は、全面に錺金具を施す屋台と、幕掛けの台座部分のみに金具を配す屋台があり、地区の個性や好みによって様々である。井筒上部には薄い板を重ねた部分があり、この部分を平桁という。ここには幾何学紋様をあしらった金具を取り付け、井筒上部の輪郭を浮き立たせている。

 


井筒金具
 


井筒端


近年数少なくなったブロンズメッキの井筒端