水切金具(みずきりかなぐ)

 

 


トップページ
播州祭り屋台・錺金具
 
擬宝珠
 
屋台紋
 
総才端
 
昇金具
 
梵天
 
締隠し
 
水切金具
 
垂木金具
 
井筒金具
 
高欄金具
 錺金具の文様
播州祭り屋台・彫刻
 
露盤
 
正角
 
狭間
 
腰組
 
脇棒受け
 雲板
播州祭り屋台・衣装
 
水引幕
 
高欄掛
 
乗り子衣装
 
伊達綱
 
隅絞り
 
昼提灯
 
布団屋台の屋根装飾

 

 

 

 屋根の下部、裏甲(うらごう)、水切、茅負(かやおい)に取り付けた金具を総じて水切金具という。水切金具は細長い構図を生かして全面に双龍を配した屋台から、地金具を箱打ちにして、龍と虎や鷹など複数の神獣を組合わせた構図がある。また、こうした神獣系と、退治物や歴史物語などの人物ものを配した構図もあり、地区による特徴も様々である。
 水切金具も昇金具
同様に、銀色の地金具の上に、龍や人物などの置物金具を取り付けている。水切と垂木の間の茅負と呼ばれる部分は、金箔が施されており、この部分は網文様など幾何学紋様の透かし金具を取り付け、銀の金具の隙間から見える金箔で落ち着いた雰囲気を演出し、立体的に仕上げたうっとり彫りの水切金具と対比させることで、水切全体を調和させている。

 


神輿屋根型屋台の水切金具
(北脇/大塩天満宮)

反り屋根型布団屋台の水切金具
(東之町/曽根天満宮)

茅負金具「唐草唐花」(宮本丁)

茅負金具「亀甲文様と鶴・山鵲」(中之丁)

「山鵲」

「亀」

「山鵲」