昇金具(のぼりかなぐ)

 

 


トップページ
播州祭り屋台・錺金具
 
擬宝珠
 
屋台紋
 
総才端
 
昇金具
 
梵天
 
締隠し
 
水切金具
 
垂木金具
 
井筒金具
 
高欄金具
 錺金具の文様
播州祭り屋台・彫刻
 
露盤
 
正角
 
狭間
 
腰組
 
脇棒受け
 雲板
播州祭り屋台・衣装
 
水引幕
 
高欄掛
 
乗り子衣装
 
伊達綱
 
隅絞り
 
昼提灯
 
布団屋台の屋根装飾

 

 

 

 昇総才には、飛龍や鷹をはじめ虎、鳳凰、鶴、麒麟などの神獣や善獣をあしらった錺金具を取り付ける。これら昇総才に取り付ける錺金具は総じて「昇金具」という。屋台の錺金具は、地金具と呼ばれる銀色の台座金具の上に、置金具と呼ばれる金メッキを施した神獣金具を取り付けて装飾する。地金具の文様は、取り付ける置金具の種類によって異なり、龍や飛龍は波または雲、鷹と鶴は松、鳳凰は桐、虎は竹、獅子は牡丹、麒麟は雲、鶯は梅といった組み合わせになる。
 昇総才の装飾には、地金具を隙間無く取り付ける「総打ち」と、地金具に透き間を空けて取り付ける「箱打ち」がある。箱打ちの地金具は、先端部を端先(はなさき)といい、端先には窪んだ形状の入端型と突き出た形状の出端型がある。高欄や水切も含め金具を取り付ける筋の両側は入端型で、その中間部は出端型と入端型を交互に配置する。棟の曲線と隙間から見える漆の間隔、地金具の並びの調和が箱打ちの美学といわれる。
 


昇総才(箱打ち)
(東堀/恵美酒宮天満神社)

昇総才(総打ち)
(中島/中島天満宮)