締隠し(しめかくし)

 

 


トップページ
播州祭り屋台・錺金具
 
擬宝珠
 
屋台紋
 
総才端
 
昇金具
 
梵天
 
締隠し
 
水切金具
 
垂木金具
 
井筒金具
 
高欄金具
 錺金具の文様
播州祭り屋台・彫刻
 
露盤
 
正角
 
狭間
 
腰組
 
脇棒受け
 雲板
播州祭り屋台・衣装
 
水引幕
 
高欄掛
 
乗り子衣装
 
伊達綱
 
隅絞り
 
昼提灯
 
布団屋台の屋根装飾

 

 

 

 布団屋台で屋根の綱や布団締めの先端部を隠す金具を「締隠し」という。綱で屋根を結んだ屋台は水切部分で綱を折り返すため締隠しを付ける必要はないが、白と黒などの袋綱で屋根を結んだ屋台は布団締めの先端隠しとして締隠しの金具を取り付ける。綱仕様の屋台でも、締隠しや扇鏡のスタイルを残した屋台では水切で綱の折り返しをなくし、綱の断面を締隠しで覆っている。
 締隠しは梵天が普及する以前に広まった古い形態の錺装飾といわれ、現在ではごく一部の屋台にしか見られない。梵天が普及する以前は、木製の幣額や御幣が締隠しとなっており、錺装飾の発展で錺金具の締隠しが作られるようになった。しかし現在では梵天を付ける屋台がほとんどになり、屋根絞りも袋綱から伊達綱に変更する地区が増え、昭和中期から考えると締隠しを用いた屋台は減少し、現在では内陸部方面でも一部の屋台にしか見られなくなった。締隠しの金具は扇や雪輪、御鏡の形状があり、中には和鏡を転用した締隠しも見られる。

 


布団締めの下にある円形の金具が締隠し
(西田町/西脇市・春日神社)