総才端(そうさばな)

 

 


トップページ
播州祭り屋台・錺金具
 
擬宝珠
 
屋台紋
 
総才端
 
昇金具
 
梵天
 
締隠し
 
水切金具
 
垂木金具
 
井筒金具
 
高欄金具
 錺金具の文様
播州祭り屋台・彫刻
 
露盤
 
正角
 
狭間
 
腰組
 
脇棒受け
 雲板
播州祭り屋台・衣装
 
水引幕
 
高欄掛
 
乗り子衣装
 
伊達綱
 
隅絞り
 
昼提灯
 
布団屋台の屋根装飾

 

 


総才端
(西濱/姫路市・大塩天満宮)

 総才端は、昇総才の先端部分に取り付ける錺金具のことで、昇総才の木口装飾として発展し、屋台四隅の格好を決める重要な錺装飾である。
 総才端は屋根瓦で見られる鬼瓦と同様に屋根の隅に取り付け、剣形の木口が四方を見据える形をしていることから、装飾としての役割と同時に建築物を守護するといった思想があり、総才端地金具の左右には、屋台の外側に睨みを利かせた飛龍や鷹などの神獣金具を配す。総才端正面の木口部分には鏡面があり、この部分は龍を配した屋台が最も多く、この他に鯉の滝登り、人物像、神社名や町名を入れた屋台があり、地区によっては歴史的物語の木彫刻を取り付けた屋台も見られる。
 総才端鏡面の傾斜角は、水切留め合わせの傾斜角と平行に合わせるのが理想とされ、総才端の背が曲線を描きながら木口面と接し、先端が鋭角で鋭く尖った形が美しいとされている。
 新調した白木の屋台は総才端だけを取り付け、昇総才や水切には錺金具を付けずに練り出すのが慣例となっている。