伊達綱(だてづな)

 

 


トップページ
播州祭り屋台・錺金具
 
擬宝珠
 
屋台紋
 
総才端
 
昇金具
 
梵天
 
締隠し
 
水切金具
 
垂木金具
 
井筒金具
 
高欄金具
 錺金具の文様
播州祭り屋台・彫刻
 
露盤
 
正角
 
狭間
 
腰組
 
脇棒受け
 雲板
播州祭り屋台・衣装
 
水引幕
 
高欄掛
 
乗り子衣装
 
伊達綱
 
隅絞り
 
昼提灯
 
布団屋台の屋根装飾
 

 
 

 

 


木場(松原八幡神社)


松原(松原八幡神社)

(浜の宮天満宮)
 

 網干型を除く神輿屋根型屋台は、四隅に伊達綱と呼ばれる綱が取り付けられる。伊達綱の先端は房になっており、房が激しく揺れることで屋台練りの豪華さがより一層引き立つ。伊達綱の色は白に金糸が最も多く、茶色に金糸、緑に金糸など地区によって色々である。
 伊達綱は、総才端下部に取り付けた伊達鐶と呼ばれる金具に紐で固定し、綱の中央部は弦の綱に沿わし、伊達綱下部は下の房を高欄の前に出して付ける。大正から昭和初期頃の屋台は、伊達綱の根元を高欄の中に入れていたが、現在は高欄の外に出す付け方が一般的で、姫路市沿岸部でも旧来の高欄の中に入れる付け方を継承しているのは木場と福泊だけになっている。また、昭和中期頃までは、伊達綱の下の房を高欄の側面側に出す屋台も各地で見られたが、現在では屋台前後方向に出すのが主流になっている。特殊な付け方として、大塩天満宮の東之丁は、伊達綱下部を折り曲げ、下の房を上向きに付けている。昭和中期頃の大塩の屋台はこの付け方が多く見られたが、現在では東之丁だけが継承している。
 伊達綱のスタイルに特色があるのは浜の宮天満宮の屋台で、伊達綱の根元を弦の綱に巻き付けて屋台に取り付けている。このスタイルは、台場差しで差し上げた屋台の胴を引き締めて見せるためといわれている。浜の宮天満宮の屋台の伊達綱は、元々隅木の下で吊っており、網干方面の隅絞りの付け方を伊達綱で表したようにも見え、差し上げたときの屋台の見せ方という概念からも、伊達綱仕様と隅絞り仕様を織り交ぜた中間文化圏的な要素が、独特のスタイルを生み出した一因とも思える。
 屋台の装飾で用いられる綱のルーツは注連縄といわれる。注連縄は、神域と俗域の境界に張られる縄のことで、神社の鳥居や拝殿入り口など、神聖な場所への入り口に掲げ、不浄なるものの進入を防ぐ役割をしている。注連縄の発祥は、天の岩屋戸から出られた天照大神が、再び中に入れないよう岩戸に縄を張ったのが起源とされ、大きく捻った縄の部分が雲、垂れている縄が雨、紙垂は雷を表し、農耕に欠かせない自然現象を表現している。伊達綱は、綱の部分が雲でその先端部分の房が雨を表し、五穀豊穣を祈願する精神が込められている。