高欄掛(こうらんかけ)

 

 


トップページ
播州祭り屋台・錺金具
 
擬宝珠
 
屋台紋
 
総才端
 
昇金具
 
梵天
 
締隠し
 
水切金具
 
垂木金具
 
井筒金具
 
高欄金具
 錺金具の文様
播州祭り屋台・彫刻
 
露盤
 
正角
 
狭間
 
腰組
 
脇棒受け
 雲板
播州祭り屋台・衣装
 
水引幕
 
高欄掛
 
乗り子衣装
 
伊達綱
 
隅絞り
 
昼提灯
 
布団屋台の屋根装飾
 

                 
 

 

 

高欄掛(福泊/姫路市・福泊神社)

 

 屋台の太鼓打ちが座る高欄の四面に飾られた刺繍装飾を高欄掛という。高欄掛で最も多い図柄は悪霊退治を題材とした退治物で、大蛇(源経基・源満仲・源為朝)、虎(加藤清正・和藤内)、鯉(西塔鬼若丸)、怪鳥(隠岐次郎左右衛門)の退治物が最も多く、これ以外では、八岐の大蛇退治(素盞嗚尊)、鷲退治(大己貴命)、鵺退治(源頼政)、蜘蛛退治(平井保昌)、鬼退治(渡辺綱・源頼光)、蛇身鳥退治(藤原良政)などが見られる。合戦物では宇治川の先陣争いや一ノ谷の合戦などの源平合戦、富士の巻狩り、川中島の合戦などが多い。高欄掛の周囲には、絵柄を引き立たせるため額縁と呼ばれる模様が刺繍される。
 高欄掛は地域や屋台によって取り付けない所もある。内陸部方面の屋台は高欄掛を付けない屋台が多く、飾磨の浜の宮天満宮や御津町、網干方面の屋台は、練り方と屋台の仕様により高欄掛は付けられていない。