露盤(ろばん)

 

 


トップページ
播州祭り屋台・錺金具
 
擬宝珠
 
屋台紋
 
総才端
 
昇金具
 
梵天
 
締隠し
 
水切金具
 
垂木金具
 
井筒金具
 
高欄金具
 錺金具の文様
播州祭り屋台・彫刻
 
露盤
 
正角
 
狭間
 
腰組
 
脇棒受け
 雲板
播州祭り屋台・衣装
 
水引幕
 
高欄掛
 
乗り子衣装
 
伊達綱
 
隅絞り
 
昼提灯
 
布団屋台の屋根装飾
 

                 
 

 

 


擬宝珠と露盤(妻鹿/姫路市・松原八幡神社)

 

 露盤とは、屋台の最上部にある擬宝珠を支える台座のことである。擬宝珠には天から神が降り立つとされ、それを支える露盤は、邪気を払い擬宝珠を守護するといった意味がある。こうした思想から露盤の題材には、天に駆け上がろうとする昇り龍や、四方の方角を守護する四神獣、唐獅子などの神獣、悪霊を追い払う退治物、合戦物や歴史上に登場する豪傑などの勇姿が多く見られる。露盤の構図は、神獣系、人物ものに関わらず、屋台装飾品の中で最も高い位置にあるため、遠くから見てもはっきりとわかる絵柄が理想とされ、人物ものの場合は、狭間彫刻で見る合戦絵図のような多数の人物が登場する場面より、物語の主人公に焦点を当てた構図が選ばれる。
 露盤は棟の漆や錺金具との釣り合いから彩色を施す場合が多く、白木のまま継承している所は少数である。また、地区によっては錺金具で作られた露盤もある。
 塔や堂閣などの建築物や神輿に見られる方形型の露盤は、まさに天頂の擬宝珠や相輪を支えるための台座であるが、装飾性が発展し露盤自体を彫刻で作り上げる露盤彫刻は、全国的に見ても西播地域を中心に分布する神輿屋根型屋台にしか見られない播州独自の文化である。