脇棒受け(わきぼううけ)

 

 


トップページ
播州祭り屋台・錺金具
 
擬宝珠
 
屋台紋
 
総才端
 
昇金具
 
梵天
 
締隠し
 
水切金具
 
垂木金具
 
井筒金具
 
高欄金具
 錺金具の文様
播州祭り屋台・彫刻
 
露盤
 
正角
 
狭間
 
腰組
 
脇棒受け
 雲板
播州祭り屋台・衣装
 
水引幕
 
高欄掛
 
乗り子衣装
 
伊達綱
 
隅絞り
 
昼提灯
 
布団屋台の屋根装飾
 

                 
 

 

 


網干型屋台の脇棒受け彫刻(伊津/御津町・春日神社)
 


獅子(天神/浜の宮天満宮)
 


(和久/魚吹八幡神社)
 

 姫路市飾磨区の浜の宮天満宮や網干区、たつの市御津町方面の屋台は、脇棒(外棒)受けに彫刻を施し、龍や唐獅子が脇棒(外棒)をくわえたようになっている。こうした彫刻を施す脇棒受けの材質は欅が一般的で、その多くは透き漆で仕上げ、龍や獅子の彫刻にガラス目を施した作品も見られる。