播州祭り屋台神号額(幣額)

 

 


トップページ
播州の秋祭りと屋台
播州祭り屋台の特徴
播州祭り屋台の呼び名
屋台の部分名
 
神輿屋根型屋台
 
反り屋根型布団屋台
 
平屋根型布団屋台
播州祭り屋台の種類
屋台の分布とその特徴
播州の屋台練り
播州秋祭りの用語
屋台練り見学の注意点
播州祭り屋台の本体
 
屋根−神輿屋根型
 屋根−反り屋根型
 屋根−平屋根型
 垂木
 
神号額
 
斗組
 
天井
 
井筒
 
四本柱
 
高欄
 
練り棒
 
泥台
太鼓
漆塗り
参考文献

■99/09/01開設
■07/08/17最終更新
■10/06/14文面修正
 


 



白木で仕上げられた神号額
 


 神号額は屋台の正面水切中央に取り付けられる菱形の額のことで、額の上部に御幣を付けることから幣額と呼ばれる。神輿屋根型屋台に多く見られ、布団屋台では締め隠しに使っている地区もある。神号額の名の通り、額には氏神様の神社名を入れるのが通常で、灘地区や魚吹方面の屋台では氏神様の「八幡宮」の文字を入れ、菅原道真を祭神とする大塩や飾磨の屋台では「天満宮」となっている。その他の神社では氏神様の社名が一般的となるが、地区によっては町名を入れた屋台もある。神号額は木製と錺金具製があり、木製は檜材に漆塗りと箔押しで仕上げ、錺金具製は額縁に細かい細工を施したものもある。


 額の上部にある御幣を付ける棒は幣串と呼ばれ、三本串が最も多く、地区によっては二本、或いは一本の所もある。額に付ける御幣は和紙が一般的であるが、灘地区の松原や東山、的形の地、甲八幡神社の栗橋、英賀神社の矢倉東は、金具の御幣(金幣)が特徴である。和紙の御幣も軽く流す付け方から、和紙の枚数を重ねてボリュームを出す付け方まで、地区によって個性も色々あり見る楽しさがある。
 蒲田神社の西蒲田屋台は、宵宮と本宮で幣額が異なり、宵宮は地元・西蒲田天満宮に合わせて「天満宮」、本宮は蒲田神社宮入りに向けて「蒲田神社」としており、材質も宵宮用は神代檜に拭き漆仕上げ、本宮用は欅に透き漆仕上げと、いずれも木目を生かせた塗りを施し、幣額にも他地区にはないこだわりと特徴が見られる。
 

 

 白木


宮本丁
(姫路市・大塩天満宮)


上蒲田
(姫路市・蒲田神社)


北脇
(姫路市・大塩天満宮)

 塗り


西蒲田 宵宮用
(姫路市・蒲田神社)

西蒲田 本宮用
(姫路市・蒲田神社)

上蒲田
(姫路市・蒲田神社)

宮本丁
(姫路市・大塩天満宮)

北脇
(姫路市・大塩天満宮)

北山河
(姫路市的形町・湊神社)

宇佐崎
(姫路市・松原八幡神社)

中村
(姫路市・松原八幡神社)

松原
(姫路市・松原八幡神社)

妻鹿
(姫路市・松原八幡神社)

中島
(姫路市・中島天満宮)

御幸
(姫路市・恵美酒宮天満神社)

清水
(姫路市・恵美酒宮天満神社)
北細江
(姫路市・恵美酒宮天満神社)

小瀬
(姫路市・恵美酒宮天満神社)

天神
(姫路市・浜の宮天満宮)

今在家
(姫路市・津田天満神社)

矢倉東 幣串に祭神名が入る
(姫路市・英賀神社)

英賀保駅前町
(姫路市・英賀神社)

町坪
(姫路市・荒川神社)

玉手
(姫路市・荒川神社)

伊津
(たつの市御津町・春日神社)

坂上
(姫路市・魚吹八幡神社)

西土井
(姫路市・魚吹八幡神社)

東釜屋
(たつの市御津町・富嶋神社)

重國
(姫路市・甲八幡神社)

岩屋
(姫路市・甲八幡神社)

津熊
(姫路市・甲八幡神社)

中部
(高砂市・高砂神社)

米田
(高砂市・米田天神社)

御立
(姫路市・正八幡神社)

溝口
(姫路市香寺町・広田神社)

安黒
(宍粟市・伊和神社)

 錺金具 錺金具で製作された幣額


東山
(姫路市・松原八幡神社)


(姫路市的形町・湊神社)

仮屋
(姫路市的形町・湊神社)

東之丁(旧屋台)
(姫路市・大塩天満宮)

宮本丁(旧屋台)
(姫路市・大塩天満宮)

西濱
(姫路市・大塩天満宮)

金竹(旧屋台)
(姫路市・甲八幡神社)

栗橋
(姫路市・甲八幡神社)

鍵町
(高砂市・高砂神社)

御旅町
(加西市・住吉神社)

中村町
(多可町・徳畑天神社)

新野(廃絶)
(神河町・熊野神社)

 刺繍 文字を刺繍で仕上げた幣額は南山河だけの特徴


南山河
(姫路市的形町・湊神社)