播州祭り屋台四本柱(しほんばしら)

 

 


トップページ
播州の秋祭りと屋台
播州祭り屋台の特徴
播州祭り屋台の呼び名
屋台の部分名
 
神輿屋根型屋台
 
反り屋根型布団屋台
 
平屋根型布団屋台
播州祭り屋台の種類
屋台の分布とその特徴
播州の屋台練り
播州秋祭りの用語
屋台練り見学の注意点
播州祭り屋台の本体
 
屋根−神輿屋根型
 屋根−反り屋根型
 屋根−平屋根型
 垂木
 
神号額
 
斗組
 
天井
 
井筒
 
四本柱
 
高欄
 
練り棒
 
泥台
太鼓
漆塗り
参考文献

■99/09/01開設
■07/08/17最終更新
■10/06/14文面修正
 


 



神輿屋根型屋台の四本柱



布団屋台の四本柱

 

四本柱
 四本柱とは、屋台の屋根を支える四本の柱のことである。一部例外も見られるが、神輿屋根型屋台の四本柱は丸形で、布団屋台は角形が一般的である。材質は屋台の重みに耐えられるよう強度のある欅材が使われる。

締め綱(弦の綱)
 締め綱は、弦の綱あるいはモジと呼ばれ、屋台の屋根を固定するために張るロープのことである。屋台の屋根は四本柱の上に乗せているだけで、締め綱が無ければ屋台が転倒すると屋根が外れてしまう。神輿屋根型屋台は、泥台から高欄を通し屋根軒下四隅の隅木に向けて締め綱を張るが、布団屋台は四本柱の内側に締め綱を張って屋根と泥台を結ぶ。