播州祭り屋台井筒(いづつ)・虹梁(こうりょう)

 

 


トップページ
播州の秋祭りと屋台
播州祭り屋台の特徴
播州祭り屋台の呼び名
屋台の部分名
 
神輿屋根型屋台
 
反り屋根型布団屋台
 
平屋根型布団屋台
播州祭り屋台の種類
屋台の分布とその特徴
播州の屋台練り
播州秋祭りの用語
屋台練り見学の注意点
播州祭り屋台の本体
 
屋根−神輿屋根型
 屋根−反り屋根型
 屋根−平屋根型
 垂木
 
神号額
 
斗組
 
天井
 
井筒
 
四本柱
 
高欄
 
練り棒
 
泥台
太鼓
漆塗り
参考文献

■99/09/01開設
■07/08/17最終更新
■10/06/14文面修正
 


 


井筒・井筒端

 

井筒(地/姫路市的形町・湊神社)
 

 四本柱の上部に組まれ、狭間の下にある部材のことをいい、上から見ると「井」形に見えることから井筒と呼ばれる。四本柱上部を固定し、棟を支える斗組を受ける役割がある。井筒は欅など堅い木材で組まれ、井筒の先端部分は井筒端、井筒の中央部は井筒通し、井筒上部に張り巡らした薄い板を平桁という。井筒通しには、幕を掛けるための幕掛け金具が取り付けられる。井筒の接合部より外に突き出た井筒端は、一つの角に二ヶ所あり全部で八ヶ所ある。井筒端には、錺金具で神紋や人物像、神獣が配され、一種の木口装飾となっている。
 

木鼻・虹梁


木鼻・虹梁(濱田西/御津町・富嶋神社)
 

 平屋根型布団屋台や一部の神輿屋根型屋台では、井筒端の部分が木鼻の屋台がある。木鼻は、獅子や獏の頭部を彫刻した部材のことで、これを四本柱上部に取り付け、各々の四本柱は虹梁と呼ばれる梁で固定する。木鼻・虹梁は社寺建築の様式で、井筒は、屋台の維持管理に於ける柱上部の分離性や錺金具の発展により定着した播州祭り屋台独自の様式である。井筒や木鼻、虹梁も、材質は欅材で造られるのが一般的で、地区によっては黒檀材で造られた屋台もある。