播州祭り屋台高欄(こうらん)

 

 


トップページ
播州の秋祭りと屋台
播州祭り屋台の特徴
播州祭り屋台の呼び名
屋台の部分名
 
神輿屋根型屋台
 
反り屋根型布団屋台
 
平屋根型布団屋台
播州祭り屋台の種類
屋台の分布とその特徴
播州の屋台練り
播州秋祭りの用語
屋台練り見学の注意点
播州祭り屋台の本体
 
屋根−神輿屋根型
 屋根−反り屋根型
 屋根−平屋根型
 垂木
 
神号額
 
斗組
 
天井
 
井筒
 
四本柱
 
高欄
 
練り棒
 
泥台
太鼓
漆塗り
参考文献

■99/09/01開設
■07/08/17最終更新
■10/06/14文面修正
 


 



 

 

 高欄は泥台の上にあり、乗り子が太鼓を叩くために座る囲いのことで欄干とも呼ばれる。神輿屋根型屋台や反り屋根型布団屋台では、高欄四隅に擬宝珠がある「擬宝珠高欄」が一般的で、三木市方面に多い平屋根型布団屋台では、四隅が交差して反り上がった「跳高欄」が一般的である。
 擬宝珠高欄でも、屋台の形状や地区によって造りに違いがあり、網干方面の屋台は、斗組が高欄を支える構造の「腰組高欄」が特徴で、反り屋根型布団屋台や、一部の神輿屋根型屋台では、宝珠柱の内側に角擬宝珠を取り付けた高欄も各地で見られる。
 高欄に使われる材質は、平屋根型布団屋台では欅材が一般的で、神輿屋根や反り屋根型布団屋台では檜材で製作し漆を塗った高欄が一般的であるが、地区によっては、欅材や黒檀、紫檀で造られた高欄も見られる。
 


高欄掛を付ける神輿屋根型屋台の高欄(飯田/姫路市・生矢神社)
 

 網干方面を除く姫路市や高砂市に分布する屋台の多くは高欄掛が付けられる。この方面の屋台の高欄は檜材で製作され、黒漆で仕上げるのが一般的であが、一部の屋台では特殊な塗りを施したり、欅材で製作し透き漆で仕上げた高欄も見られる。高欄掛を付けるため、錺金具は宝珠柱など高欄四隅の欄縁に取り付ける。
 


角擬宝珠付きの高欄(山田/神河町・大歳神社)
 

 反り屋根型布団屋台や一部の神輿屋根型屋台では、四隅に立つ丸形の宝珠柱の内側に角形の宝珠柱がある高欄が見られる。角形の宝珠柱に取り付ける擬宝珠は四角い形状をしているため角擬宝珠と呼ばれ、このタイプの高欄は、高欄掛を付けない屋台に多く見られる。高欄掛を付けない屋台では高欄全面に錺金具を配すことが多い。
 


腰組高欄(吉美/姫路市・魚吹八幡神社)
 

 網干型屋台に見られる腰組高欄は、欅や黒檀、紫檀で造られた屋台が多く、高欄を支える斗組の間には、蟇股と呼ばれる腰組彫刻が取り付けられる。腰組高欄は、一部の反り屋根型布団屋台にも見られ、曽根天満宮の梅井、伊保中部、伊保南部の屋台は腰組高欄になっている。
 


跳高欄(東這田/三木市・美坂神社)
 

 高欄四隅で架木、平桁、地覆の各水平材が交差し、先端部が跳ね上がる様式の高欄を跳高欄といい、三木市を中心に東播磨地方に分布する平屋根型布団屋台に多く見られる。材質は欅材が一般的で木地のままの屋台がほとんどである。
 

 ■特殊例



大塚(三木市・岩壺神社)
 



大手町(三木市・岩壺神社)
 


羽安町(西脇市/氏神は多可町・安田稲荷神社)
 

 平成16年に新調された三木市・岩壷神社の大塚屋台の高欄は、各四隅が三カ所ずつ交差した跳高欄で播州では初めての様式である。同じ岩壺神社の大手町屋台は、高欄の宝珠柱、架木、平桁、地覆に螺鈿(らでん)細工が施され、西脇市羽安町屋台の高欄は、縁葛に螺鈿細工を施し欄干部は虫喰塗という特殊な塗りで仕上げられている。
 


河合西(小野市)
 

 地覆下面の欠き取りを水繰(みずぐり)といい、社寺建築では、高欄内に吹き込んだ雨水を外に流すために設けられている。屋台では役割を果たさないため水繰を省略した高欄がほとんどであるが、古い形態の屋台には水繰りを施した高欄があり、屋台も社寺建築の様式に従って造られていることがわかる。現役の屋台では魚吹八幡神社の高田、福井屋台の高欄に見られる。
 


的場(多可町加美区・荒田神社)
 

 高欄中央部に取り付けた退治もの錺金具が特徴で、高欄掛の題材を錺金具で表したようになっている。数ある播州祭り屋台の中でも的場屋台にしか見られない。