播州祭り屋台斗組(ますぐみ)

 

 


トップページ
播州の秋祭りと屋台
播州祭り屋台の特徴
播州祭り屋台の呼び名
屋台の部分名
 
神輿屋根型屋台
 
反り屋根型布団屋台
 
平屋根型布団屋台
播州祭り屋台の種類
屋台の分布とその特徴
播州の屋台練り
播州秋祭りの用語
屋台練り見学の注意点
播州祭り屋台の本体
 
屋根−神輿屋根型
 屋根−反り屋根型
 屋根−平屋根型
 垂木
 
神号額
 
斗組
 
天井
 
井筒
 
四本柱
 
高欄
 
練り棒
 
泥台
太鼓
漆塗り
参考文献

■99/09/01開設
■07/08/17最終更新
■10/06/14文面修正
 


 


 社寺建築に於いて、最も芸術性に優れ細部意匠に富んだ構造物が斗組であろう。斗組は、建物の屋根を支えるための構造物で、屋根の軒下に見られ、細長い材と四角い材が互いに組み合わされた複雑な構造になっており、この部分だけでも高い芸術性がある。
 屋台も、軒下と井筒の間に斗組があり、棟からの荷重と屋台練りの衝撃を緩和する筋交いの役割を果たしている。その幾何学的構造と細部意匠は、屋台を鑑賞する上で重要な見どころであり特色のある部分である。
 斗組の組み方は粗密多様で、社寺建築では実に様々な組み方があり、屋台でも分布地域や種類によってその特色は様々である。斗組を構成する部材の名称は、配置される場所や斗の形状によってその名が異なる。基本的な部材の名称を挙げると、横長の材を肘木、肘木を受ける四角い材を巻斗、肘木が交差する中央の斗を方斗、一番下に見られる大きな斗を大斗といい、巻斗や方斗などの小さな斗を総称する時は、大斗に対して小斗という。斗組は垂木の幅と密接な関係があり、小斗の幅は、垂木2本分とその間隙の和に等しく、小斗の幅は垂木の間隙と等しくなる。
 斗組の構造は、大斗の上に肘木を十字に組み、肘木の中央に方斗を一個、四方に巻斗を一個ずつ配置した出三つ斗が基本となる。多種多様に見える斗組も、大斗の周辺は出三つ斗の造りで、この上に組まれる肘木や小斗の配列によって、様々な形状の違いが生み出される。斗組は、上部になるほど肘木が長くなり、その分、配置される斗の数も増える。また、肘木を柱筋から小斗一個分手前に繰り出して配置した斗組を出組といい、軒桁が柱筋から小斗一個分外に出た構造になる。出組になると相対的に柱より軒の出が深くなり、柱筋から軒桁を小斗何個分出したかを表す用語を手先という。柱筋から小斗二個分外に出すと二手先、三個分出すと三手先といい、手先の数が増えるほど斗組が高くなり、肘木と小斗の組み合わせも複雑な構造になる。小斗一個分は手先でいうと一手先であるか、この場合は一手先とはいわず単に出組という。
 


神輿屋根型屋台の斗組
 


反り屋根型布団屋台の斗組
 

   
 

神輿屋根型屋台の斗組(中之丁/姫路市・大塩天満宮)
 
檜か欅で造られ、金箔押しを施した斗組が一般的であるが、屋台によっては黒檀を使用した斗組もある。斗組の外側に取り付けた彫刻を正角(しょうすみ)といい、龍や虎、唐獅子に牡丹、力神などが彫刻され、中には凝った籠彫りを施した屋台もある。

網干型屋台の斗組(伊津/御津町・春日神社)
 
網干型屋台は軒が深く、斗の組み方も姫路市南東部の屋台とは異なり、出し桁の斗組も多く見られる。写真の伊津屋台は、桁が外に二筋出ているので二手先の斗組で、材は黒檀を使用している。

反り屋根型布団屋台の斗組(黒駒/加西市・住吉神社)
 
反り屋根型布団屋台の斗組は、三手先、四手先といった緻密な斗組に特徴がある。こうした斗組は詰組と呼び、間近で見ると奥までひしめくおびただしい数の斗が並んでいる。材質は、檜、欅、黒檀など地区によって様々で、漆仕上げと木地のままの屋台があり、写真のように肘木の先端に金具を取り付けている屋台もある。

平屋根型布団屋台の斗組(明石町/三木市・大宮八幡宮)
 
播州で見られる平屋根型布団屋台は、出組か二手先が多く、肘木の端を斜め下に突き出す尾垂木がある屋台が多い。材質は欅か黒檀が多く見られる。