播州祭り屋台練り棒(ねりぼう)

 

 


トップページ
播州の秋祭りと屋台
播州祭り屋台の特徴
播州祭り屋台の呼び名
屋台の部分名
 
神輿屋根型屋台
 
反り屋根型布団屋台
 
平屋根型布団屋台
播州祭り屋台の種類
屋台の分布とその特徴
播州の屋台練り
播州秋祭りの用語
屋台練り見学の注意点
播州祭り屋台の本体
 
屋根−神輿屋根型
 屋根−反り屋根型
 屋根−平屋根型
 垂木
 
神号額
 
斗組
 
天井
 
井筒
 
四本柱
 
高欄
 
練り棒
 
泥台
太鼓
漆塗り
参考文献

■99/09/01開設
■07/08/17最終更新
■10/06/14文面修正
 


 


 練り棒とは、練り子が屋台を担ぐ棒のことで、その造りも、屋台の形状や練り方によって異なっている。網干型以外の神輿屋根型屋台や反り屋根型布団屋台の練り棒は、檜の角材で組まれ、屋台の真ん中にある2本の太い棒を本棒、その両側にあるやや短い棒を脇棒という。本棒の間には、前後に閂が取り付けられ、通常は三本の屋台が最も多いが、地区によっては四本や二本の屋台もある。閂の練り子は本棒より安定した姿勢で力を入れやすいことから、屋台練りのポイントは閂にあるといわれ、一本の閂に三人ずつ入り六本の閂を練る十八人が均等に力を発揮することで安定した練りが出来るといわれる。
 網干型屋台の練り棒は、チョーサ練りの関係で杉材を用い、屋台の差し上げと練り棒のしなりが一体となって美しいチョーサが出来るといわれる。網干型屋台では本棒(内棒)と脇棒(外棒)の長さがほぼ同じで、練り子の配置も、棒先から身長の高い練り子を配し、本棒の練り子が内側から肩を入れ、チョーサの際は、本棒と脇棒の練り子がお互い向き合う体勢になるため閂は省略される。
 浜の宮天満宮の屋台では、台場差しを受けるため丸棒の檜材が使用され、台場差しの際は閂を取り外して行われ、台場差しが受けやすいように考慮されている。
 平屋根型布団屋台の練り棒は丸棒がほとんどで、ロープ締めによって組み立てられる。丸棒をロープで組むことにより練り棒がしなり、屋台が練りやすいといった利点がある。瀬戸内沿線に広がる太鼓台の練り棒は、そのほとんどがこのタイプである。
 

 

角棒の練り棒(宮本丁/姫路市・大塩天満宮)
 
檜の角材で造られ、練り子の肩に当たる面は丸く製材される。真ん中の2本の長い担き棒を本棒、外側の短い担き棒を脇棒、本棒の間の担き棒は閂(かんぬき)という。練り合わせの際は、お互いの脇棒を合わせて練り合うため、練り合わせを行う地域の屋台は、脇棒や脇棒受けが強固に造られている。

網干型屋台の練り棒(天満/姫路市・魚吹八幡神社)
 
杉材の側面を平らにし、芯去りをして使用する。木の根元は太く先端は細いため、外棒と内棒で材質の向きを反対にして屋台に取り付ける。練り棒の先端から身長の高い練り子を配し、均等に力が加わるようにしている。

丸棒の練り棒(末広/三木市・大宮八幡宮)
 
平屋根型布団屋台が多く分布する三木市方面の屋台は、このタイプの練り棒がほとんどで、練り棒のしなりを利用して屋台を練り歩く。瀬戸内沿線に広がる太鼓台の練り棒もほとんどがこの形状である。