播州祭り屋台垂木(たるき)

 

 


トップページ
播州の秋祭りと屋台
播州祭り屋台の特徴
播州祭り屋台の呼び名
屋台の部分名
 
神輿屋根型屋台
 
反り屋根型布団屋台
 
平屋根型布団屋台
播州祭り屋台の種類
屋台の分布とその特徴
播州の屋台練り
播州秋祭りの用語
屋台練り見学の注意点
播州祭り屋台の本体
 
屋根−神輿屋根型
 屋根−反り屋根型
 屋根−平屋根型
 垂木
 
神号額
 
斗組
 
天井
 
井筒
 
四本柱
 
高欄
 
練り棒
 
泥台
太鼓
漆塗り
参考文献

■99/09/01開設
■07/08/17最終更新
■10/06/14文面修正
 


 


 屋台屋根の軒下には垂木がある。建築に於ける屋根とは、風雨や直射日光が建物内部に進入するのを防ぐ役割があり、屋根で受け止めた雨水が建物の壁に当たらないように屋根の外周部は、柱より外に突き出た構造になる。軒とは、柱より外に出た屋根の下側のことで、軒先とか軒場、軒回り、けら場といった用語がある。社寺建築に見られるように屋台の軒も、平屋根型布団屋台を除くと左右で反り上がった曲線になっており、軒下には細い木がいくつも並んだ垂木がある。一般住宅では、屋根瓦等を支える野垂木の先端が軒下の垂木になっているが、社寺建築や屋台の垂木は、屋根を支える野垂木とは別構造で、実用的な役割より、軒回りの装飾性を演出することから化粧垂木と呼ばれる。
 建築に見られる垂木の様式は、一般建築のように一段だけの場合を一軒(ひとのき)、社寺建築で見られる上下二段の様式を二軒(ふたのき)、三段の様式を三軒(みのき)という。
 垂木の配列も、その配置方法によって様式があり、垂木を平行に配した和様と呼ばれる平行垂木、垂木全体を放射状に配した禅宗様と呼ばれる扇垂木、隅だけが放射状で中央は平行に配した大仏様と呼ばれる隅扇垂木がある。
 垂木の間隔にも粗密の違いがあり、垂木の幅と間隔を等しく配列した繁垂木、垂木の間隔が垂木の高さと下端の和くらいの半繁垂木、間隔が広い疎垂木、垂木を二〜三本毎に間隔を開けた吹寄垂木の様式がある。
 播州祭り屋台の垂木は、垂木の幅と間隔が等しい繁垂木と呼ばれる様式がほとんどである。日本の社寺建築では二軒が一般的で三軒の例は極めて少ないが、屋台では三軒様式も数多く見られる。屋台の種類別に見ると、神輿屋根型屋台の垂木は、姫路市南東部に分布する屋台では二軒、姫路市西部の網干方面や御津町方面では三軒が多く、内陸部方面の屋台では地区によって二軒と三軒の屋台がある。子ども屋台ではごく少数であるが一軒の屋台もある。反り屋根型布団屋台の垂木は、地域に関係なく三軒が一般的で、ごく一部の屋台には四軒があり、古い形態の屋台では二軒も見られる。
 播州祭り屋台における垂木の配列は、その殆どが平行垂木であるが、佐用町の三日月屋台や丹波市柏原町の大新屋屋台は、垂木を放射状に配した扇垂木と呼ばれる様式で、播州祭り屋台では極めて珍しい。どちらも江戸後期の製作と考えられる古い形態の屋台で、近年製作の屋台に扇垂木の様式は見られない。
 

 

 平屋根型布団屋台の軒は雲板彫刻がほとんどであるが、小野市天神の屋台は、一軒の吹寄垂木で、播州祭り屋台では他に例を見ない様式である。
 垂木は、上段を飛檐(ひえん)垂木、下段を地垂木といい、三軒の場合は、上の二段を一の飛檐垂木、二の飛檐垂木と呼ぶ。隅木と木負の接点から出る飛檐垂木を論治(ろんじ)垂木といい、論治垂木が隅木の先端から何本目にあるかで軒の深さが変わり、二軒の屋台なら通常3本目か4本目で、三軒の屋台は2本目がほとんどである。


 

二軒垂木(姫路市/児嶋屋台)

二軒雲板(三木市/芝町屋台)

三軒垂木(姫路市/和久屋台)

 


三軒雲板(三木市/栄町屋台)

 

 ■特殊例



四軒垂木(丹波市/草部屋台)


垂木雲板折衷仕様(三木市/大手町屋台)

扇垂木(丹波市/大新屋屋台)
 

吹寄垂木(小野市/天神屋台)