播州祭り屋台天井(てんじょう)

 

 


トップページ
播州の秋祭りと屋台
播州祭り屋台の特徴
播州祭り屋台の呼び名
屋台の部分名
 
神輿屋根型屋台
 
反り屋根型布団屋台
 
平屋根型布団屋台
播州祭り屋台の種類
屋台の分布とその特徴
播州の屋台練り
播州秋祭りの用語
屋台練り見学の注意点
播州祭り屋台の本体
 
屋根−神輿屋根型
 屋根−反り屋根型
 屋根−平屋根型
 垂木
 
神号額
 
斗組
 
天井
 
井筒
 
四本柱
 
高欄
 
練り棒
 
泥台
太鼓
漆塗り
参考文献

■99/09/01開設
■07/08/17最終更新
■10/06/14文面修正
 


 


 神輿屋根、布団屋根共に、四本柱内側の上部は、屋根内部の構造物が見えないように天井で仕切られる。天井にもいつくかの種類があり、平格天井(ひらごうてんじょう)、折上格天井(おりあげごうてんじょう)、鏡天井(かがみてんじょう)、天蓋彫刻(てんがいちょうこく)の様式がある。
 

 

平格天井
 
最も一般的な天井で格子状の枠に天井板を施した様式である。格子状に組まれた部材を格縁(ごうぶち)、その間の間隔部分を格間(ごうま)といい、天井板は格縁の裏から貼り付けるため裏板という。裏板は、格間毎に木目が互い違いになるように一枚ずつ取り付ける。写真の屋台は裏板の材質を変えて市松模様にしている。

 

折上格天井(児嶋/姫路市的形町・湊神社)
 
平格天井の周囲を曲面で持ち上げた格天井を折上格天井といい、天井面が周囲より高くなっている。神輿屋根型屋台では、屋台の漆塗りと共に天井にも塗りを施し、裏板は金箔、格縁は黒漆、格縁の側面は朱塗りで仕上げることが多い。

 ■特殊例

 

西治屋台の天井(福崎町・二之宮神社)
 
写真のように天井に格子を入れず全面に板を張ったものを「鏡天井」といい、天井面全体を朱塗りや金箔で仕上げたり、彩色画を施したりする。福崎町・西治屋台の天井は、四隅に朱雀、青龍、玄武、白虎の四神図が描かれ播州でも他地区に見られない特徴がある。

濱田西屋台の天井(たつの市御津町・富嶋神社)
 
濱田西屋台の天井には鶴の彫刻が施され、繊細な天蓋彫刻は他に類を見ない作品である。

加佐屋台の天井(三木市・三坂神社)
 
三木市・加佐屋台の天井には龍の彫刻がある。天井に彫刻を施した屋台はごく少数しか見られない。