播州祭り屋台屋根 神輿屋根型屋台

 

 


トップページ
播州の秋祭りと屋台
播州祭り屋台の特徴
播州祭り屋台の呼び名
屋台の部分名
 
神輿屋根型屋台
 
反り屋根型布団屋台
 
平屋根型布団屋台
播州祭り屋台の種類
屋台の分布とその特徴
播州の屋台練り
播州秋祭りの用語
屋台練り見学の注意点
播州祭り屋台の本体
 
屋根−神輿屋根型
 屋根−反り屋根型
 屋根−平屋根型
 垂木
 
神号額
 
斗組
 
天井
 
井筒
 
四本柱
 
高欄
 
練り棒
 
泥台
太鼓
漆塗り
参考文献

■99/09/01開設
■07/08/17最終更新
■10/06/14文面修正
 


 


 神輿屋根型屋台は屋台全体が木地で製作され、漆塗りによって仕上げられる。名称の如く輿の屋根と同様に棟上部が膨らみ、下方が反り返る独特の勾配曲線に大きな特徴がある。建築用語では膨らんだ部分の勾配を「起り(むくり)」、反り返った部分の勾配を「照り(てり)」といい、神輿屋根のように両方の勾配を持つ屋根を「照り起り」という。この曲線が屋台によって微妙に異なり、地区ごとに屋台の印象が異なるのは、この曲線の違いが影響している。屋根各面の接点となる部分は、野地板の接点を塞ぐため、露盤台から棟四方の端まで「昇総才」と呼ばれる部材を取り付け、ここに錺金具を取り付ける。棟の下側周囲を「水切」といい、四方の隅で反り上がった独特の形をしている。ここに取り付ける錺金具は水切金具という。