播州祭り屋台屋根 反り屋根型布団屋台

 

 


トップページ
播州の秋祭りと屋台
播州祭り屋台の特徴
播州祭り屋台の呼び名
屋台の部分名
 
神輿屋根型屋台
 
反り屋根型布団屋台
 
平屋根型布団屋台
播州祭り屋台の種類
屋台の分布とその特徴
播州の屋台練り
播州秋祭りの用語
屋台練り見学の注意点
播州祭り屋台の本体
 
屋根−神輿屋根型
 屋根−反り屋根型
 屋根−平屋根型
 垂木
 
神号額
 
斗組
 
天井
 
井筒
 
四本柱
 
高欄
 
練り棒
 
泥台
太鼓
漆塗り
参考文献

■99/09/01開設
■07/08/17最終更新
■10/06/14文面修正
 


 


 反り屋根型布団屋台は、水切まで神輿屋根同様に木地で製作される。水切が布団屋根を乗せる台になり、その上に水切の曲線に合わせた布団屋根の枠を三重に重ね、これに布団の生地を被せる。反り上がった布団の四隅接点には房を取り付け、布団を被せた枠の中央には、竹を編んで半円形にしたドームを乗せ、この上に天幕を張る。天幕の隅は布団屋根に固定し、水切中央から天幕の頂点を締めるように、布団締めと呼ばれる金綱等の屋根絞りを取り付ける。布団締めの左右には、梵天と呼ばれる大きな一対の錺金具を取り付け、反り屋根型布団屋台の大きな特徴となっている。
 反り屋根型布団屋台の布団色は地区によって様々で、黒、赤、青、紺、緑、深緑、白などが見られる。内陸部では黒の布団屋根が多く見られたが、近年では個性的な色に変更する地区も増えている。