播州祭り屋台の本体

 

 


トップページ
播州の秋祭りと屋台
播州祭り屋台の特徴
播州祭り屋台の呼び名
屋台の部分名
 
神輿屋根型屋台
 
反り屋根型布団屋台
 
平屋根型布団屋台
播州祭り屋台の種類
屋台の分布とその特徴
播州の屋台練り
播州秋祭りの用語
屋台練り見学の注意点
播州祭り屋台の本体
 
屋根−神輿屋根型
 屋根−反り屋根型
 屋根−平屋根型
 垂木
 
神号額
 
斗組
 
天井
 
井筒
 
四本柱
 
高欄
 
練り棒
 
泥台
太鼓
漆塗り
参考文献

■99/09/01開設
■07/08/17最終更新
■10/06/14文面修正
 


 


 屋台やダンジリは、社寺建築の様式に基づいて製作される。複雑な曲線が織りなす水切や屋根勾配などは宮大工の技法である規矩術によって設計されるため、複雑な曲線の接点が寸分の狂い無く仕上げられる。屋台本体は主に尾州檜によって製作され、四本柱、四本柱受、井筒など屋台の重量がかかるところは欅材が用いられる。地区によっては、斗組や高欄に黒檀や紫檀などの唐木を用いた屋台も見られる。三木市方面に多い平屋根型布団屋台は、欅材で製作されるのが一般的で、漆を塗ることはほとんどなく木地のまま使われている。屋台を新調した年は、祭りに先立って入魂式を行うため、1年に2回屋台を練ることになる。
 

 


新調時の屋台


漆塗り完成後の屋台

(西蒲田屋台/蒲田神社)
 


屋台本体図

 播州祭り屋台の特色として、神輿屋根屋台や反り屋根型布団屋台では、新調した年は錺金具を付けず白木のまま祭りを行い、1年か2年後あたりで漆を塗り、錺金具装飾を施すのが慣例となっている。