播州祭り屋台の特徴

 

 


トップページ
播州の秋祭りと屋台
播州祭り屋台の特徴
播州祭り屋台の呼び名
屋台の部分名
 
神輿屋根型屋台
 
反り屋根型布団屋台
 
平屋根型布団屋台
播州祭り屋台の種類
屋台の分布とその特徴
播州の屋台練り
播州秋祭りの用語
屋台練り見学の注意点
播州祭り屋台の本体
 
屋根−神輿屋根型
 屋根−反り屋根型
 屋根−平屋根型
 垂木
 
神号額
 
斗組
 
天井
 
井筒
 
四本柱
 
高欄
 
練り棒
 
泥台
太鼓
漆塗り
参考文献

■99/09/01開設
■07/08/17最終更新
■10/06/14文面修正
 


 


 日本各地には様々な祭りがあり、祭典を華やかに演出する祭礼山車を繰り出す祭りも数多くある。こうした祭礼山車は、地域によって様々な特色や形態があり、運行方式により車輪付きで引っ張るものと、中で太鼓を叩き大勢の人が担ぎ上げる太鼓台に大別される。
 引っ張って曳航する祭礼山車の代表は、京都祇園祭に見られる山鉾があり、大津曳山祭、飛騨高山祭、半田の山車祭、秩父夜祭などが挙げられ、大阪では、岸和田に代表されるダンジリ祭りが有名である。こうした引っ張る系統の山車は、地域により形態は様々であるが、ほぼ全国的に分布している。一方、播州祭り屋台のように太鼓を乗せて担ぐ祭礼山車は、太鼓台と呼ばれる系統で、大阪、兵庫から四国、中国、九州地方に見られ、特に瀬戸内海沿岸地域に多く分布し、東日本では見られない傾向がある。瀬戸内海沿岸各地の太鼓台は、そのほとんどが播州でいう布団屋台と呼ばれる形態で、布団を重箱のように重ねた屋根を基本形としているが、地域によって布団の段数や装飾の仕様が異なり、素朴な形態から極端に装飾が発展したものまで、そのスタイルの多様性は、太鼓台に限らず祭礼山車の持つ一種の共通文化といえる。姫路市を中心に分布する黒漆屋根の屋台は、分類上では神輿屋根型屋台と呼ばれる。神輿は全国に見られるが、これを豪華に飾り付け、太鼓台にした姿は、他の地方では見られないことから、神輿屋根型屋台は完全な播州特有型といわれる。
 播州祭り屋台は、屋台本体を製作する大工、狭間(さま)や露盤(ろばん)などの木彫刻を手掛ける彫刻師、金や銀に輝く錺金具を製作する錺金具師、水引幕や高欄掛などの屋台衣装を刺繍する縫師、漆塗りや金箔を施す塗師、太鼓の製作や皮の張り替えを手掛ける太鼓師といった多くの職人の技が一体となって完成しており、伝統工芸の技を結集した「総合芸術品」と称えられる。
 こうした複数の業種が均等に調和して装飾を構成する祭礼山車は全国的に見ても数少なく、岸和田を中心とした泉州方面のだんじりは木彫刻が装飾の中心であり、四国の太鼓台は巨大な刺繍飾りに特徴があるように、特定の分野が装飾を構成している場合が多く、多くの職人技が一体となって完成する播州祭り屋台は当地方独特の文化といえる。
 

 


播州祭り屋台−神輿屋根型


播州祭り屋台−布団屋根型


播州祭り屋台は、泉州のダンジリに見られるジオラマ彫刻や、四国の太鼓台に見られる大型の浮き物刺繍はないものの、大工、彫刻、錺金具、刺繍、漆、彩色等が調和し、各分野の洗練された装飾細工の調和に大きな特徴がある。
 


京都祇園祭−船鉾
 


岸和田だんじり祭り−地車
 


新居浜太鼓祭り−太鼓台