播州秋り屋台の呼び名

 

 


トップページ
播州の秋祭りと屋台
播州祭り屋台の特徴
播州祭り屋台の呼び名
屋台の部分名
 
神輿屋根型屋台
 
反り屋根型布団屋台
 
平屋根型布団屋台
播州祭り屋台の種類
屋台の分布とその特徴
播州の屋台練り
播州秋祭りの用語
屋台練り見学の注意点
播州祭り屋台の本体
 
屋根−神輿屋根型
 屋根−反り屋根型
 屋根−平屋根型
 垂木
 
神号額
 
斗組
 
天井
 
井筒
 
四本柱
 
高欄
 
練り棒
 
泥台
太鼓
漆塗り
参考文献

■99/09/01開設
■07/08/17最終更新
■10/06/14文面修正
 


 


 播州祭り屋台のように太鼓を乗せて担ぐものは、祭礼山車全般的な分類では「太鼓台」と表現されるが、播州では、一部の古い文献で太鼓台の文字が残るものの、現代では太鼓台という呼び名は浸透していない。「播州祭り屋台」という呼び名は、播州地域の祭礼に練り出す太鼓を乗せた担ぐ祭礼風流の端的な表現であり、地元では単に「屋台」という呼び名が標準名で、テレビや新聞等の報道機関も「屋台」と表現している。
 しかし、こうした標準名とは異なる地域独特の呼び方があり、地元の方の会話では、標準名の「屋台」より、その地域に伝わる呼び名が一般的に使われる。兵庫県高砂市から姫路市大塩町、白浜町、飾磨周辺では「ヤッサ」、姫路市の南西部に位置する網干(あぼし)方面では「屋台(ヤタイ)或いはヤッタイ」と呼ばれる。三木市や西脇市、多可町方面では「太鼓」、加東市滝野町方面では「屋太鼓」、丹波市では「太鼓神輿」と呼ばれ、地域によって慣れ親しんだ呼び名がある。
 「ヤッサ」の語源についての詳細は不明だか、姫路市的形町にある湊神社の記録文書に「屋徒さ太鼓台」或いは「やっさ太鼓」と記され、江戸時代末期には既に「やっさ」という記述を見ることが出来る。当時「やっさ太鼓台」と呼んでいたのが、後に太鼓台を省略し、「ヤッサ」と呼ぶようになったと思われる。
 網干方面の「ヤッタイ」は屋台の発音がなまったものと思われ、「太鼓」という呼称は、屋台の中心は太鼓であるという考え方からきていると思われ、三木市方面で「太鼓」といえば屋台のことをいい、叩く太鼓は「鳴太鼓(なりだいこ)」と区別される。
 播州以外での一般呼称は、四国や大阪でいう「太鼓台」が標準名で、淡路島では「布団ダンジリ」、大阪では「布団太鼓」と呼ぶ地域があり、四国の香川県や徳島県では「チョウサ」と呼ぶ地方も多い。
 当ホームページでは、「播州祭り屋台」の表記は標準名としての「屋台」を使用し、播州のダンジリは「壇尻」、神戸・大阪のダンジリは「地車」、四国は「太鼓台」と表記する。