播州祭り屋台の種類

 

 


トップページ
播州の秋祭りと屋台
播州祭り屋台の特徴
播州祭り屋台の呼び名
屋台の部分名
 
神輿屋根型屋台
 
反り屋根型布団屋台
 
平屋根型布団屋台
播州祭り屋台の種類
屋台の分布とその特徴
播州の屋台練り
播州秋祭りの用語
屋台練り見学の注意点
播州祭り屋台の本体
 
屋根−神輿屋根型
 屋根−反り屋根型
 屋根−平屋根型
 垂木
 
神号額
 
斗組
 
天井
 
井筒
 
四本柱
 
高欄
 
練り棒
 
泥台
太鼓
漆塗り
参考文献

■99/09/01開設
■07/08/17最終更新
■10/06/14文面修正
 


 


 播州祭り屋台は、漆塗りの屋根に錺金具を装飾した屋台と、屋根に布団を乗せて装飾した屋台がある。漆塗りの屋台は、屋根の曲線が神輿型に似ているため種別上では「神輿屋根型屋台」といい、布団屋根の屋台は「布団屋台」と呼ばれる。こうした屋台の形状の違いは地域によって分類される傾向があり、播州地方の中でも、姫路市を中心とした西播地方では神輿屋根型屋台が多く、北播磨や東播磨方面では布団屋台が多く見られる。
 布団屋台でも、三木市をはじめ神戸市の西区や垂水区から加古川市にかけての地域や淡路島では、写真1のように、屋根の布団を水平に重ね、天頂が平らになった屋台が多く、高砂市や加西市、西脇市、神崎郡、多可町にかけての地域では、写真2のように、屋台四隅の布団が反り上がり、天頂が山形になった屋台が分布している。当ホームページでは分類上、写真1の屋台を「平屋根型布団屋台」、写真2の屋台を「反り屋根型布団屋台」と表記する。しかし布団屋台の中には、これらの中間型ともいえる平屋根の形状で布団の四隅が若干反り上がった屋台があり、分類には双方の特徴が見られるが、このような屋台は反り屋根型の古い形態であることから、反り屋根型布団屋台として分類する。播州で見られる布団屋台は、平屋根、反り屋根ともほとんどが三段の布団屋根であるが、三木市に五段の平屋根型が一台あり、明石市には一段の布団屋根も見られる。淡路島は五段の布団屋根が一般的である。
 一方、西播地方に多い神輿屋根型屋台でも、高欄部分と担き棒の違いにより、姫路市南東部の大塩町から飾磨区を中心に市川沿線に沿って分布する写真3のような屋台と、姫路市西部の網干区からたつの市御津町、太子町方面にかけて分布する写真4のような屋台に分類される。分布地域から写真3の屋台を一般型、写真4の屋台を網干型という。これらは構造上の違いと共に、練り方の違いもあり、大塩や白浜方面では「ヨーヤサー」の掛け声が一般的で、お互いの屋台の脇棒を合わせて練る「練り合わせ」を行い、屋台の構造も激しい練りを考慮した造りになっている。一方、網干方面では「チョーサー」という掛け声と共に屋台を差し上げては腕で抱え、再び一気に差し上げる練り方に特徴があり、屋台のスタイルも高欄掛が無く、屋台四隅に隅絞りが飾られ、屋台に乗って太鼓を叩く乗り子の衣装を高欄の後ろに出し、高欄の造りも腰組高欄と いう様式で、大塩や白浜型の屋台に比べて細かい細工が見られる。これ以外の形として「台場差し」で有名な飾磨・浜の宮天満宮の屋台は、伊達綱の根元を弦の綱に巻くスタイルが特徴で、泥台や担き棒も台場差しを行うための造りになっている。
 

 


写真1.布団屋台
(平屋根型)
 


写真2.布団屋台
(反り屋根型)
 


写真3.神輿屋根型屋台
(一般型)
 


写真4.神輿屋根型屋台
(網干型)
 


神輿屋根型屋台(浜の宮型)
 

屋台の名称表記について
 播州において屋台の種類による固有名称の定義はなく、出版物等では屋台の種類に関係なく標準名の「屋台」で表記されるが、当ホームページでは、屋台の種類による構造の違いを解説するため、屋台を種類別に表記した方がわかりやすいと判断し、公式的に定義された名称ではないが、屋根の形状の違いにより「神輿屋根型屋台」「反り屋根型布団屋台」「平屋根型布団屋台」と表現した。


 


 

 東播磨、北播磨、丹波市では、平屋根の形状で布団の四隅が若干反った屋台があり、こうした屋台は反り屋根と平屋根の双方の特徴があるが、反り屋根型の古い形態であることから、反り屋根型布団屋台に分類する。



 布団屋台、神輿屋根型屋台以外の屋台としては、高砂市荒井神社の祭礼で見られる仁輪加太鼓、西脇市高田井町の春日神社で見られる暴れ太鼓、同市板波町石上神社で見られる野村町の笹太鼓、御津町賀茂神社の夏越祭りで見られる造り屋台等があり、いずれも屋根を持たない屋台である。仁輪加太鼓とは、荒井神社で見られる芸披露を伴う屋台のことで、屋台の後方には演芸の題材を表した作り物を置き、乗り子の太鼓に合わせて練り子たちが囃子を唄い、舞子が芸を披露する郷土芸能である。
 屋台の他にダンジリを有す地区もある。ダンジリは屋台に比べて少数派となるが、姫路市で見られるダンジリの多くは獅子屋台として運行され、岸和田方面のダンジリと比べると小型のものが多い。魚吹八幡神社で見られるダンジリは、ダンジリ上で演芸を披露する舞台ダンジリになっており、規模も大型のダンジリである。また、同神社の朝日谷では、ダンジリの舞台で獅子が舞われ、この系統のダンジリは、御津町富嶋神社の西釜屋、相生市の若狭野天満神社等で見ることができる。高砂市の高砂神社では、神輿のお供として引き出されるダンジリが数多く見られ、加西市佐谷町では運行を休止した舞台ダンジリが保存されている。姫路市や高砂市では屋台とダンジリを共有する地区もあるが、魚吹八幡神社のように屋台を持つ村とダンジリを持つ村が分かれている地域もある。
 


作り物屋台
たつの市御津町・賀茂神社
 


暴れ太鼓
西脇市・春日神社
 


仁輪加太鼓
高砂市・荒井神社