播州の屋台練り

 

 


トップページ
播州の秋祭りと屋台
播州祭り屋台の特徴
播州祭り屋台の呼び名
屋台の部分名
 
神輿屋根型屋台
 
反り屋根型布団屋台
 
平屋根型布団屋台
播州祭り屋台の種類
屋台の分布とその特徴
播州の屋台練り
播州秋祭りの用語
屋台練り見学の注意点
播州祭り屋台の本体
 
屋根−神輿屋根型
 屋根−反り屋根型
 屋根−平屋根型
 垂木
 
神号額
 
斗組
 
天井
 
井筒
 
四本柱
 
高欄
 
練り棒
 
泥台
太鼓
漆塗り
参考文献

■99/09/01開設
■07/08/17最終更新
■10/06/14文面修正
 


 

 

 

屋台練り
 屋台は練り子の肩に担いで運行する。これを屋台練りといい、地域によって受け継がれた太鼓のリズムと掛け声に合わせて練り歩く。屋台練りの掛け声は、姫路市南東部や高砂市の「ヨーヤサー」が広く知られているが、内陸部方面では伊勢音頭などの囃し歌によって練られるところが多く、その節回しも地域によって様々である。また、北条節句祭りのようにその土地独特の掛け声を継承している地域もある。

差 す
 神社の楼門前や拝殿前において、練り子が両手で屋台を高く差し上げることを「差す」という。これは、神前への敬礼や挨拶の意味がある。屋台を差すときの掛け声は地域によって様々である。

チョーサ
 網干、御津町方面の屋台差しのことで、「チョーサ」という掛け声に合わせて屋台を頭上高く差し上げては腕で支えて地面すれすれまで下ろし、再び差し上げるといった練り方である。「チョーサ」という掛け声は、播州でもいくつかあり、浜の宮天満宮の台場差しに「サイテバ・チョーサー」という掛け声があり、大塩天満宮では、屋台が門をくぐる際に「チョーサー」という掛け声で地面を引きずりながら通す。

練り合わせ
 2台以上の屋台が、お互いの屋台の脇棒を接触させて双方が龍虎相打つが如く練り競うことである。練り合わせを行う屋台は、練り棒が角材で組まれ た神輿屋根型屋台で、屋台を合わす脇棒の練り子は、頭を本棒と脇棒の間に入れ、内側から脇棒を練る。練り合わせは姫路市南東部を中心とした地域に多い。

宮入り
 境内の入り口が屋根付きの門になっている神社では、屋台が氏神様の門最大限に造られていることが多く、宮入りの際には擬宝珠と露盤を外し、地面を引きずりながら境内に入る。瀬戸内沿線の祭りでは、高砂神社、大塩天満宮、松原八幡神社、恵美酒宮天満神社、魚吹八幡神社などで見られる。

台場差し
 飾磨・浜の宮天満宮に伝わる独特の屋台差しである。屋台の泥台(台場)に24人の練り子が入り、本棒・脇棒の練り子たちが担き棒を差し上げると、代表者の「サー」という合図に合わせて、練り子たちは一斉に担き棒を真上に放り上げ、泥台の練り子だけで、一気に屋台を差し上げる豪快な荒技で、「サイテバ・チョーサー」の掛け声を繰り返し、掛け声の間に打たれる太鼓の数で差し上げた回数を数える。

台場練り
 飾磨・恵美酒宮天満神社では、差し上げられた屋台の泥台(台場)に24人の練り子が入り、掛け声に合わせて本棒、脇棒、閂の練り子が一斉に手を離し、泥台の練り子だけで屋台を練る力技である。

拝殿練り
 津田天満神社、英賀神社、広畑天満宮、荒川神社で見られる。屋台を神社拝殿内まで入れ、その中で屋台練りを行うもので、狭い拝殿内でいかに安定した差し上げができるかという屋台練りの技量が求められる。