播州秋祭りの用語

 

 


トップページ
播州の秋祭りと屋台
播州祭り屋台の特徴
播州祭り屋台の呼び名
屋台の部分名
 
神輿屋根型屋台
 
反り屋根型布団屋台
 
平屋根型布団屋台
播州祭り屋台の種類
屋台の分布とその特徴
播州の屋台練り
播州秋祭りの用語
屋台練り見学の注意点
播州祭り屋台の本体
 
屋根−神輿屋根型
 屋根−反り屋根型
 屋根−平屋根型
 垂木
 
神号額
 
斗組
 
天井
 
井筒
 
四本柱
 
高欄
 
練り棒
 
泥台
太鼓
漆塗り
参考文献

■99/09/01開設
■07/08/17最終更新
■10/06/14文面修正
 


 



幟と屋台(妻鹿/松原八幡神社)
 



灘まつり神輿合わせ
 

 

 屋台の周囲を取り囲んでいるのがシデ竹。妻鹿では朱色が地区の色であるため、シデ、鉢巻きとも朱色を基調にしている。
 

神輿の軒下を支えている青竹をケンゴーという。

屋 台
 全国各地の神社で行われる祭礼行事は、本来神事を中心に行うが、氏子が祭礼を盛り上げるために出し物を披露しているところが数多くある。こうした出し物を民俗学的に風流(ふうりゅう或いはふりゅう)といい、屋台をはじめ、ダンジリ、山車、山鉾などのことをいう。
 日本の祭礼風流には、各地方によって独特の趣向を凝らした屋台や山車、ダンジリなどがある。こうした出し物の中には屋台や太鼓台のように担ぐものと、ダンジリや山鉾のように引っ張るものがあり、播州地方に広く分布しているのは担ぐ屋台と呼ばれるものである。

 幟 
 幟は屋台を先導する役割があり、町の旗印のようなものである。幟には町名が刺繍され、長い青竹の先端にはシデが取り付けられる。

神 輿
 祭礼行事に於ける神輿(みこし)と屋台の意義は異なり、神輿は御神体がお乗りになる輿のことで、神殿から御旅所などに渡御をするために用いる。これに対し、屋台は、中に乗せた太鼓を、乗り子と呼ばれる太鼓打ちが叩いて音頭をとり、太鼓の音頭に合わせて氏子が威勢良く掛け声を掛けて練り担ぐものである。屋台は氏子の各地域が所有しているが、神輿は神社が所有しているところが多く、神輿奉仕はその年の当番地区や厄年の方々が担当する場合が多い。

シ デ
 長さ約2メートル、太さ約5センチ程の青竹の先端に色紙を取り付けて丸く開いたものをいう。シデは、屋台の周囲で一斉に振り動かされ、屋台練りを一層引き立たせる。姫路市海岸部の祭りでは町別に色分けし、シデの紙は町の色を用いるため、シデと練り子の鉢巻きでどこの町の屋台かわかるようになっている。

ケンゴー
 灘のけんか祭りの神輿合わせに用いる祭礼用具です。長さ約3メートル、太さ約5センチほどの青竹で、神輿が倒れるのを防いだり、ぶつけ合いの際に神輿を空中で支えて、練り子が立ち退く余裕を与えるつっかい棒のような役割をしている。

 


屋台の練り子(東山)
 


ブイ差し(宇佐崎)
 

練り子
 屋台を担ぐ男たちのことを練り子という。播州では、屋台を担ぐとはいわず、練る或いは担くということが多い。屋台を担いで運行することを「屋台練り」といい、屋台の出発のことを「屋台の練り出し」という。

棒 端
 本棒の先端には、屋台の舵取りのための綱を取り付けている。これを棒端綱(ぼうばなづな)といい、この綱を持つ者は「棒端」と呼ばれる。棒端綱は、町内で「棒端」の役職に就いている者だけが触れることができ、この綱で屋台の進行を誘導しコントロールしている。体格が大きく踏ん張る力のある屈強な者がこの任を担当する。

乗り子
 屋台に乗って太鼓を叩く「太鼓打ち」のことを「乗り子」という。屋台の四方に四人の太鼓打ちが座り、その中でも屋台後方に乗る太鼓打ちを(シン)真あるいは陣(ジン)という。真は四人の太鼓打ちのリーダーになり、太鼓打ちの中でも経験豊かで熟練した人がこれを努める。屋台練りは、太鼓のリズムに合わせて行うため、太鼓の打ち方で屋台の進行や差し上げなど練り方が変わる。

ブイ差し
 太鼓を叩くバチのことを、播州では「ブイ」或いは「バイ」という。町によっては、乗り子が片手を幕の外に出しながら太鼓を打つところがあり、これを「ブイ差し」という。灘まつりの屋台をはじめ、荒川神社、英賀神社、広畑天満宮、蒲田神社などで多く見られる。これらの地域以外では、特定地区がこれを行う神社が多く、曽根天満宮の梅井、大塩天満宮の西之丁、福泊神社の福泊、恵美酒宮天満神社の都倉、小瀬、津田天満神社の今在家、加茂などが知られている。